ギャルは去ってしまった・・・。

最近そういえば、ギャル・・・なんて言い方あまりしなくなったような感じがしないではありませんよね。

金髪でチャラチャラしている女の子よりも、黒髪の女の子が多くなって来たのです。

ギャルのイメージをどんな感じで捉えるのか・・・と言う問題ですが、やっぱり、ルーズソックスを履いていた女の子の時代は、ギャルと言うべきなのではないでしょうか。

という感じはします。

だから、時代の流れと言う意味でも仕方ないことなのかもしれませんが、そういう女の子が現代社会で段々と減ってきたと言うことを意味します。

兎に角、時代と言うものは、過去の時代を裏切るものなので、ある意味仕方ないと言えば仕方のないことなのかもしれません・・・。

しかし、そういうギャル好きだって男性にとって、ちょっと残念な事態なのかもしれません。やっぱり、ブームにしがみついてしまうモチベーション事態間違っているということになってしまうのでしょうか。

 

そうです、やっぱり、ギャルのブームは一度終焉したいと言いたいのです。

ただし、そのブームは、もう一度戻ってくるのかもしれません。

なぜなら、流行は繰り返すものだからです。